メンテナンスが重要

査定を依頼する前に車両やパーツの掃除をしておくことも重要です。ほこりをかぶった状態では高価買取は望めません。パンタグラフやライトなど細かい部分を傷つけないように気を付けながら丁寧にほこりを落としてあげてください。長期にわたって車両を走らせていないと車輪が曇っていることもありますから、こちらも注意しましょう。

ケースなどの付属品も手を抜かずに掃除します。鉄道模型は車両などだけでなくケースまで含めて一つの商品なのです。説明書はもちろん、車輪を保護するビニールの緩衝材なども捨てないでつけておきましょう。査定のときは細かいところまで目が配られるものです。できるだけ新品に近い状態に近づけることが大切です。

高価買取を実現するには普段のメンテナンスが一番大切です。特にNゲージは人気が高いだけに所有している人も多く、良い状態が保たれているかどうかが価格査定のカギになります。普段ぞんざいに扱っていたものを手放す直前なってどれほど手を入れても状態の回復には限界があります。日常的に手をかけてあげておけば、売りに出すときも高評価が得られるのです。高価買取をうたう専門業者は状態の良いものにはそれなりの価格をつけてくれます。そのためには売り手側の努力も重要なのです。

Nゲージは不動の人気

鉄道模型は線路の幅(ゲージ)によって6種類に大別されますが、ゲージが9mmのNゲージが日本では最も普及しています。買取というと希少価値のあるものが高値が付くと思われがちですが必ずしもそうではありません。より普及しているものの方が買い手もつきやすく、買取価格も良くなる場合が多いのです。この意味でNゲージは高価買取が期待できる模型なのです。

Nゲージは人気があるので買取してもらいやすいのですが、状態によって価格は大きく変動します。少しでも高く買い取ってもらうには、査定をしてもらう前に手入れをし状態の確認をしておく必要があります。まずはきちんと動くか、動作確認をしておきましょう。自宅にパワーパックや線路がなく動作確認ができない場合は近くのお店に持っていき車両の動きを確認してもらいましょう。

上手く動かなかった場合、それだけで買取をあきらめてはいけません。このときは車輪やレールを点検してみましょう。模型を走らせるとスパークと呼ばれるカスのようなものが車輪やレールに付着することがあります。車輪とレールの摩擦による火花のカスですが、これを取り除いてあげるだけでスムーズに走り始めることが良くあります。車輪やレールを掃除した上で再び動力確認をしてみると良いでしょう。

鉄道模型買取のコツ

「鉄道は男子の趣味」というのは昔のこと、現在は女性の鉄道ファンも増えています。鉄道ファンにもいろいろありますが、乗り鉄、撮り鉄に並んで多いのが鉄道模型を愛する模型鉄です。購入した鉄道模型をやむを得ず手放すときは少しでも高く買い取ってもらいたいものですが、高価買取にもコツがあるのをご存知ですか。鉄道模型買取のコツを紹介します。

鉄道模型の買取を依頼するときは専門業者に頼むのがベターです。一般の買取業者では模型についての専門知識がないために、ものの状態だけで価格を決められてしまいます。鉄道模型は車両の人気度や型式などで買取価格が大きく変化するので、買取金額表などがきちんとしている業者に依頼する方が良いのです。また専門業者であれば店舗まで出向かなくてもウェブなどで査定してくれる場合もあります。いくつかの業者で見積もりを立てて、もっとも高く買い取ってくれるところに引き受けてもらうのが賢明な方法です。

買取の方法も店頭買取、出張買取、宅配買取などさまざまです。大量の模型を買い取ってもらう場合、自分で店舗に持ち込むのは手間がかかります。運んでいるときに落としたりして状態が悪くなってしまうと買取価格も下がります。このような場合は出張買取が便利です。地方に暮らしていて近くにショップがない場合は宅配買取に対応している業者を選べばよいでしょう。一般に多くの買取方法を設けている業者ほど買取に熱心ということですから、売り手目線に立ったサービスを提供してくれるものです。

〔参照リンク〕買取コレクター_鉄道模型Nゲージ買取